しいねんのほよよ~ん日和
「沖縄でオタクは生きていけるか!?」をテーマに、私こと“しいねん”の日常などを、思いつくたびに随時書きこんでいきます…(^o^)/
検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨明けとマグロ解体ショーとオリラジと
こちら沖縄は、この20日付けでいよいよ梅雨が明け
本格的な夏に突入いたしました。
これから10月くらいまで、ここ沖縄ではえんえんと真夏日が
続くこととなります…(^_^;)

さて、話は少しさかのぼって先週の土曜日(17日)、
自宅の近所のスーパーで「マグロ解体ショー」なるものが
開催されると聞いて、さっそく出かけてみました。

行ってみると、通いなれたスーパーの鮮魚コーナーには
普段は見ることのない、巨大なマグロの半身が…

マグロ解体ショー

で、でかい…。長さ1mくらい、厚みは40cmもあるでしょうか…
こんなに食べきれないよ~(←お約束(^_^;)
これが、今日のショーで解体されるマグロさんのようです。

ただ…すでにもう半身は切り取られ、切り身としてされた上で
その巨大な頭や尾ビレと一緒に陳列台に並んでいます…
水揚げされたままの状態で解体されるわけではないのですね…
ちょっと残念。
…まあ、いくら解体ショーだからといって
頭を落としたりワタを出したりする作業は、その巨大さからして
ちょっとグロテスクなものとなってしまいそうですから、
まあやむをえないところでしょうか。

その頭もまた、デカイ…私が余裕でかぶれるくらいです(^_^;)

マグロの頭

そして予告の時間を5分ほどオーバーして、解体ショーの開始。
法被を着たスーパーの店員の方(?)が見事な包丁さばきで、
マグロの半身から背骨をはずし、さらに赤身の部分と
トロ(´ρ`)をそれぞれブロック状に分けたところで
解体ショーは終了。

マグロ解体ショー

これはこれで割と楽しめましたが、ちょっと物足りない感じも…。
それというのも…
和太鼓が鳴り響く中を、ショーの主役となるマグロが
水揚げされたままの状態で登場し、ねじり鉢巻を締めた
いかにも職人かたぎといった風体の角刈りの親父さん
が、
刃渡りの長い刺身包丁で手際よく解体していく…というものを
勝手に想像して思い込んでいたからに他なりません…(^_^;)


…しかしそれにしても、このマグロ1頭をたった2人で食べつくした
オリエンタルラジオの両名は、本当にすごいです…
スポンサーサイト

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shiinen.blog32.fc2.com/tb.php/51-6e04b506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。