しいねんのほよよ~ん日和
「沖縄でオタクは生きていけるか!?」をテーマに、私こと“しいねん”の日常などを、思いつくたびに随時書きこんでいきます…(^o^)/
検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときにはまじめに、法律について考えてみましょう。
まずは、この記事をお読みください。

坂本龍一氏、音楽・芸術文化に支障なんちゅうこっちゃ
 (Yahoo!JAPAN エンターテインメントニュース-夕刊フジ)
 
※上記リンク先がなくなった場合は、下記ページをご参照ください。
CLick for Anti War「『電気用品安全法』の規定変更を求める
 web署名」

 (先の記事のポイントがわかりやすく要約されております。)

先の記事の中にある、経済ジャーナリストの荻原さんの指摘は
あまりにも的確なものです。
この記事を読んで私は、正直はらわたが煮えくり返る思いでした。
あまりの腹立たしさに、さっそく署名(文末参照)をしてきた
ところです。

----------------------------------------------------------

さてこの記事にもあるように、去る2001年に施行された
「電気用品安全法」(通称:PSE法)の適用猶予期間が切れ、
この4月より本施行されるようになります。

この法律の施行後は、(中古品を含め)ほとんどの電気製品の製造・
販売において、安全確認マーク「PSEマーク」を付けることを
義務付ける、というものです。
したがって、この4月からは「PSEマーク」の表示がない
これら製品の販売は、一切できなくなります。


そのため、愛好者も多いビンテージ物のオーディオを扱うショップや
庶民の味方であるリサイクルショップの経営者、また経済的事情から
これらリサイクルショップを通じて安価な中古家電製品を購入せざる
を得ない方々にとっては、大打撃となってしまうわけです。
特に、これら中古品の販売を生業としている経営者の方々にとっては
これは文字通り、死活問題だともいえるでしょう。

しかもこの法律は、「PSEマーク」がない商品の修理までも
禁止事項としているのです。

したがって、みなさまがお持ちの「PSEマーク」がない家電製品
(現時点でご自宅にあるほとんどの家電製品がそうでしょう)が
万一故障してしまったとしても、修理に出すことさえできなくなって
しまうのですよ。

また、4月以降も販売業者が中古家電製品を販売するには、
その製品に「PSEマーク」をを貼らなくてはなりませんが、
そのためには経済産業省に申請した販売業者自身が、同省の定める
所定の検査方法に基づいて自主検査を行なわなくてはなりません。
これに従わなかった場合、罰金が科せられることとなっています。
また、万が一その中古家電製品が再び故障してしまった場合には、
その全責任を(「PSEマーク」のための検査をした)販売業者が
負わなくてはならないのです。

こんなむちゃくちゃな法律がいつの間にか国会で成立し、しかも
目立った告知もされないまま、本施行を迎えようとしているわけです…


この法律の問題点については、下記のブログにて非常にわかりやすく
説明されておりますので、ここで紹介いたします。

きっこのブログ「メーカーのための電気用品安全法」

この法改正で、一体どれだけ多くの中小・零細企業の方が、
そして消費者の方が涙を流すことになってしまうのでしょうか…?

----------------------------------------------------------

この、どう考えても大企業(家電メーカー)寄りの法律に対し
対象機器の規制緩和(規程変更)をお願いする声明の証しとして、
日本シンセサイザープログラマー協会・会長の呼びかけに、
坂本龍一氏をはじめとする多くのミュージシャンや文化人の方々が
賛同して、対象機器の規制緩和をお願いする署名活動を
下記URLにて実施しています。


強制するものではありませんが、上記の記事をお読みになって
本署名の意図に賛同される方は、どうかご協力いただければ幸いです。

電気用品安全法(PSE法)に対する署名・署名フォーム
 https://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shiinen.blog32.fc2.com/tb.php/34-4877fc86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。