しいねんのほよよ~ん日和
「沖縄でオタクは生きていけるか!?」をテーマに、私こと“しいねん”の日常などを、思いつくたびに随時書きこんでいきます…(^o^)/
検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【質問】傷口に貼るテープ状のものを、あなたは何と呼びますか?
まず最初に、タイトルの質問の答えを頭で考えてから、
以下の内容をお読みいただくことをおすすめします…。


----------------------------------------------------------

さて先日、MSN毎日インタラクティブで下記のような興味深い記事が
出ていました…


呼び名で分かる:地域編 出身地を推測できる「ばんそうこう」
 - MSN毎日インタラクティブ

 http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060920ddm013100156000c.html

> 「ねえ、リバテープ持ってる?」。そう口にして、友人や同僚に妙な
> 顔をされた経験がある。私は福岡県出身。「リバテープ」は九州を
> 中心に流通するガーゼつき救急ばんそうこうの商標名だ。地元では
> 通じるが、よその皆さんには通じなかった。実は、それを何と呼ぶ
> か、で出身地が分かる物は少なくない。あなたは「ばんそうこう」何と呼ぶ?

リンク先に、都道府県別「ばんそうこう」呼び方区分地図がありますが
これがまた、興味深いです…
ずっと九州オンリーだと思っていた「リバテープ」が、実は奈良県でも
主流だとか、薬売りで有名な越中富山では全国で唯一「キズバン」が
主流になっているとか…面白いです(^_^)

> 「リバテープ」は60(同35)年に星子旭光堂(現リバテープ製薬)
> 発売。創業のルーツが西南戦争という、熊本県のしにせメーカーだ。
> 「熊本での認知度はほぼ100%。九州の人なら一度は聞いた
> ことがあるはず」と同社総務部。

確かに、熊本の友人・知人はすべて「リバテープ」と呼んでましたね。
最初、何のことだか分からなかった(^_^;)

> 九州では、ほかに「カットバン」の知名度も高い。命名の由来は
> 「ばんそうこうをカットしたもの」だから。佐賀県に本社のある
> 祐徳薬品工業の商品だ。

ちなみにこの「祐徳薬品工業」とは、今からおよそ20年くらい前に
「きもちんよか~」がキャッチコピーのCMで大ヒットした、
『パスタイム』のメーカーです。
このほかにも佐賀県には、同じ外用消炎鎮痛剤のトップブランド
『サロンパス』を製造する久光製薬の本社もあったりします…
佐賀県では、外用消炎鎮痛剤がブームなんでしょうか?

> 篠崎教授は「現代になって新しくできたものの場合、ホチキス、
> サランラップ、宅急便などのように、特定のブランド名が一般名称の
> ように定着する例はある。ばんそうこうは、複数の商標名が定着して
> いるうえ、地域的な特徴も大きい」。かなりユニークな存在と
> いえそうだ。

あなたの地域では、この「傷口に貼るテープ状のもの」のことを、
どのように呼んでいますか?

----------------------------------------------------------

ところで、この記事の文末にもまた、面白い記述があります…

> 例えば、中部・近畿ではコーヒーに入れるミルクを「フレッシュ」
> と呼び、関西では一部年配男性がアイスコーヒーを
> 「レーコー」と言う。
> 「おねえちゃん、このレーコー、フレッシュついてへんで」という
> 具合だ。鶏肉を「かしわ」と言うのは近畿、九州など。

以前、ある関西人に…
「関西ではケンタッキー(フライドチキン)のことを“かしわ”って呼ぶんやで~」
…などという根も葉もないウソを教えられ、それから10年もの間
真剣に信じていたというイヤな思い出が頭をよぎりました(^_^;)

> 鹿児島では黒板消しを「ラーフル」と言い、出身者の生活家庭部
> デスクは「大学で上京するまで、外来の標準語だと思って
> いた」と話した。

これは、私も実際に鹿児島出身の人に直接聞いたことがありますが、
本当なんですよ…あと、宮崎でもそう呼んでいるとか…。
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

究極の金粉ショー美容法
一昨日の朝刊の折り込み広告の中に、金(ゴールド)を用いた
衝撃的な美容法
が写真入りで紹介されていました。


●純金美顔 - 日本総合美容クリニーク
 http://nsbc.jp/junkin/index.htm

> 純金クレオパトラ美容術 ~究極のアンチエイジング若返り法~

> 純金のイオン効果により、真皮層にまで浸透し、コラーゲンや
> エラスチンを回復させ、若い肌の状態まで戻す効果のある究極の
> 美容法です。

純金クレオパトラ美容術((C)日本総合美容クリニーク)

す、すごい…、まるで金粉ショー(^_^;;;)
皮膚呼吸とか、大丈夫なんでしょうか…


> 10代のようにみずみずしい肌のまま
> 39歳で亡くなったと言う永遠の美女クレオパトラ

…このキャッチコピーって、どうなんだろう…
なんだか、この美容法を使うと、 39歳で早死にしそうにも
読めるんですけど(^_^;)


> 肌力の底力(そこぢから)アップ!
> 新陳代謝を促進、肌年齢も若返る。

純金美顔((C)日本総合美容クリニーク)

ぶはははははは!
…いや、笑っちゃ失礼なんですけど、これはちょっと凄すぎる…!


…でも、この顔って、どこかで見たことがあると思ったら…

国宝・阿弥陀如来坐像(平等院鳳凰堂)

阿弥陀如来坐像(国宝) - 平等院オフィシャルホームページ
 http://www.byodoin.or.jp/pfutest/va/v-3.html

テーマ:キレイなお姉さんに! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

頭文字「X」
なんだか、めっちゃ笑える記事を見つけましたので、紹介します。


ドイツ人美術学生、西安の兵馬俑に扮するも御用
   - Yahoo!ニュース

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060918-00000756-reu-ent

> 中国の杭州でパフォーマンスアートを学んでいたドイツ人の
> 美術学生が、世界遺産に登録されている西安の兵馬俑
> (へいばよう)のある場所に侵入し、兵士の1人に扮(ふん)した
> ものの、すぐに警察に捕まった。
> この男性(26)は16日午後、約2000体の兵馬俑が保管されている
> くぼみに侵入。自作の軍服を着用し、持参した台の上に立った。

…ば、馬鹿すぎる…(^_^;;;)
彼をここまで駆り立てたものは、いったい何だったのでしょうか…

> 中国の新華社によると、警察に見つかるまでの数分間、
> まばたきもせず、そのままじっと立っていたという。

ま、まばたきもしないで…それも数分間も(^_^;)
まさか兵馬俑の中に、こんな変な人が紛れ込んでいるとは
警察の人も、夢にも思わなかったでしょうね…
まじめな話、例えば西安の街頭で兵馬俑の扮装をするとか、
もっと無難な表現方法があったのではないでしょうか…。

しかも、世界遺産に気を使ってか、わざわざ台を持参してまで…
何もこんなとこだけ、律儀にならんでも(^_^;)


ちなみに、これはすごい余談なのですが(←何だよ、すごい余談って)
この世界遺産・兵馬俑がある、中国の古都「西安」(シーアン)って、
アルファベットでは「Xi'an」と綴るんですよね…
恐らくは世界でも珍しい、頭文字「X」で始まる都市なのですよ…

最初に知ったときの衝撃は、あの「フランシスコ・ザビエル」の
頭文字がやはり「X(abier)」だということを知ったときに
次ぐものでした
(^_^;)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

君は、幻の「auシカ」を知っているか
NTTドコモに「ドコモダケ」がいるように、ここ沖縄のauには
なんと「auシカ」というオリジナルキャラクターがいます。
みなさん、ご存じでしたか?

「もうauシカ!選べない」のキャッチフレーズで、うちなーんちゅには
すっかりおなじみのキャラクターだったりします…

幻ではなかった――auシカ、沖縄で公式発表 - ITmediaモバイル
 http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0506/01/news009.html

この夏には、auの沖縄限定キャンペーンとして
「auシカ!ケータイ着ぐるみプレゼント」というのをやっていました…
個人的には、めっちゃほしかったです…(^_^;)

あの“auシカ”がケータイ着ぐるみに - ITmediaモバイル
 http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0607/10/news090.html

…って、ITmediaモバイルのサイトばっかり…
だって、オフィシャルサイトがないんですもの…(;_;)
頼むよ、沖縄セルラーさん…


さてさて今日、いつものスーパーに行ったら、そのauシカくんが
子供たちと遊んでいました☆


幻のauシカ

短い足で、でっかい頭を支えて、よたよたと歩いてました(^_^;)

子供たちとたわむれるauシカ

auシカはみんなの人気者(^_^;)

テーマ:au - ジャンル:携帯電話・PHS

今日はあの「3メートルの宇宙人」目撃54周年!
さて本日・9月12日は、今をさかのぼること54年前の1952年に、
米・ウエストヴァージニア州の「フラットウッズ」という片田舎の町に
赤く光るナゾの飛行物体と、着陸したその物体から出てきたとされる
「3メートルの宇宙人」あるいは「フラットウッズ・モンスター」
呼ばれる宇宙人らしき生物(写真)が目撃された日なのだそうです。

3メートルの宇宙人(フラットウッズ・モンスター)

恐らく、この世の中に広く出回っている、ありとあらゆる
宇宙人(とされる)写真の中でも、これほどまでに有名な物は、
他に類を見ないのではないでしょうか…
(「捕まった宇宙人」の写真は、いい線行っていると思いますが…)
ただ、この写真、本当に撮影された部分は背景だけで、宇宙人
そのものの姿は、実は再現イラストだということは、あまり知られて
いないようですが…。

ちなみに、この宇宙人の当時の目撃情報については、下記の
各サイトが詳しいです…

3mの宇宙人 - ウンモ星人GOGO!!
 http://gomibox.hp.infoseek.co.jp/3m.htm

flatwoodsmonster.com(公式サイト・英語)
 http://www.flatwoodsmonster.com/

The Flatwoods Monster - September 12, 1952
 - UFO Evidence
(英語)
 http://www.ufoevidence.org/cases/case535.htm

ところで私は、幼い頃からこういった宇宙人とかUFOが大好きで、
懐かしの深夜番組『11PM』でUFO特集が放映される回は
必ず見逃さないほどのマニアだった
のですが(歳がバレる(^_^;)、
そんな私が、幼稚園児のとき初めて買ってもらったUFO関連の本に
「怪人宇宙人」として、1ページを割いてデカデカと載っていたのが
この「3メートルの宇宙人」の写真だったのです。

そして、数多く載せられていた宇宙人の写真の中でも群を抜いて
恐怖心をそそる表情や姿に、当時の幼い私は激しい衝撃を受け、
その後しばらくトラウマとなってしまった(^_^;)という
悲しい(?)過去があります…

今でも、一人になった部屋でこの写真を見ると、恥ずかしながら
背筋を寒気が走ることがあります。
それを克服しようと、職場の端末のデスクトップを、しばらくの間
この写真に設定していた
という馬鹿な思い出もあったりして…(^_^;)

テーマ:UFO - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。