しいねんのほよよ~ん日和
「沖縄でオタクは生きていけるか!?」をテーマに、私こと“しいねん”の日常などを、思いつくたびに随時書きこんでいきます…(^o^)/
検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った「W-ZERO3」ついにゲットか!?
予約開始日にはウィルコム直営のオンラインショップ
サーバーダウンし、また販売当日には東京各地の量販店
徹夜組を含む長蛇の列ができるなど、その人気過熱ぶりが
話題となった、ウィルコム&シャープのコラボレートによる
PDA型スマートフォンW-ZERO3

この私も、例のアキバ系SNS「Filn」にて同端末のコミュニティに
参加していることからわかるように、以前からこの端末の購入を
ひそかに目論んでいた一人だったのですが、その結果といえば…
アクセス激重の中、何度もトライしたウィルコムストアでの予約には
失敗し、また発売当日の今月14日は平日だったため
店頭に並ぶこともできず、結局、来年になるかもしれない
入荷予約待ちの順番に名を連ねるしかなす術がない、という
惨憺たる結果でした……orz

…しかし、それから半月たった本日、見慣れない番号から
私の携帯に電話が…。
出てみると相手は、「W-ZERO3」の予約を入れていた
近所のショップの店長さん。
なんと、待ちに待った私の順番が本日ついに回ってきたとのこと。

この品薄の時期に、よく入荷したな…と思いつつ話を聞いてみると、
正確には、私より前の順番待ちの方で1人、全く連絡がつかない人が
いたので、急きょ私が繰り上げとなった模様です…なぁんだ…。

…まあ理由はどうあれ、これで晴れて年内に「W-ZERO3」を
入手することがかなったわけです!
年内の入手は到底無理だと思っていただけに、
喜びもひとしおですよ。
これで、明日からの冬コミ参加のための東京出張&その後の帰省も
いっそう楽しいものになりそうです…えへへへへ…
スポンサーサイト

テーマ:W-ZERO3 - ジャンル:携帯電話・PHS

“鈴凛 アズ ナンバーワン”……かも!?
今回は昨日に引き続き、入手して間もないコミケットカタログをもとに
この年末の冬コミ(コミケット69)と、そのサークル配置に関する
話題をお送りしようと思っています。
今日のテーマは、私にとってここ数年で『赤ずきんチャチャ』にも
匹敵するお気に入り作品となったシスター・プリンセス(シスプリ)
のファンサークルについて。

今度の冬コミで、今のところ私が唯一参加できる見込みの2日目
(30日金曜日)ですが、今回はシスプリサークルが集中している
「K」ブロックを中心に行動することになりそうですね…。

ただ、前回に比べて明らかにシスプリサークルの数が減少して
いるのが、ちょっと気になっています。
…まあ、夏に比べて開催期間の1日少ない冬コミだから、ということに
しておきましょう…(^_^;)

それにしても、同人界における鈴凛の人気は、マジでスゴイっすね。
今回、鈴凛をメインに扱う(鈴凛をサークルカットに描いている、等)
サークルを数えてみると、実に7サークルもあるようです。
なんと、ついにあの“女王”咲耶を追い越して、12人の妹の中では
可憐と並んで、サークル数でトップに立ってしまっています。
アニキとしては、まずまずの結果であるといえるでしょう。

…というわけでさっそく、妹別のサークル数をカウントしてみました。


 可憐………7サークル
 花穂………4サークル
 衛…………3サークル
 咲耶………6サークル
 雛子………0サークル
 鞠絵………4サークル
 白雪………0サークル
 鈴凛………7サークル
 千影………3サークル
 春歌………2サークル
 四葉………4サークル
 亞里亞……4サークル
 不明………4サークル
 ──────────
 計…………48サークル※


※シスプリサークル密集地域(2日目東地区K30~K53)のみ集計。


一方、もうひとりのマイシスである鞠絵メインのサークルは
4サークル…まあ、冬はこんなもんでしょうか…。
…まあでも、全体の中で見ると決して少数派ではないので、
兄上様としてはちょっと安心。
(↑さっき「アニキ」って言ってなかったか?(-_-;))

そしてまた今回も、雛子をサークルカットに描いているサークルは
皆無ですよ…orz
夏に唯一存在した、雛子をサークルカットに描いているサークルも、
当日いそいそと出かけてみたら、雛子はおろかシスプリ本すらなくて
がっくり肩を落とした、忌まわしい記憶がよみがえってきます。
その前の冬コミも、雛子メインサークルはひとつもなかったし…orz

ヒナ、実は結構お気に入りなんだけどなぁ…。
おにいたまは、とっても悲しいです…あぅぅ(;_;)
(↑だからさっき「アニキ」とか「兄上様」って…(以下略))

テーマ:コミックマーケット - ジャンル:アニメ・コミック

チャチャサークル、ついに絶滅!?
沖縄で入手できる保証がなかったので、
コミケプランニングサービスにとりあえず注文していた
冬コミのカタログが、先日ようやく届きました。

ここ数年は、「アニメイト」などのアニメグッズショップや
とらのあな」や「メロンブックス」などのヲタク系書店などで
(特典のいいところで)毎回購入していたので、こうした通販で
コミケットカタログを注文するのは、ずいぶん久々のこととなります。

さて以前にも書いたように、今回の冬コミもまた、
チャチャサークルを含む「アニメ(その他)」ジャンルの出展日である
1日目(12月29日)への参加が絶望的となってしまったため、
チャチャサークルが出展する(夏・冬ともに)1日目は3回連続で
参加できず…という不名誉な記録の更新が確定してしまった私…。

…それならば、せめて
赤ずきんチャチャサークル・コミケット参加速報サイト!』の
管理人らしいことだけでもしようと、
「久々にチャチャサークル参加リストを作るぞ!」と思い立って
コミケットカタログの1日目西地区、「アニメ(その他)」ジャンルの
ページを開いてみると…

ない! どこにもチャチャサークルが載ってない!

思い返してみれば、確かにここ最近のコミケでは、
もし仮に「コミケットサークル・レッドデータブック」なるものが
存在するならば、「絶滅危惧II類(VU)」レベルで載っても
不思議ではないほど、著しい減少を見せていた、
我らが『赤ずきんチャチャ』サークル。

確かこの夏は、まだ2サークルほど生き残っていたはずなのに、
まさかこんなに早く、Xデーが来ようとは…。

直近ここ数回のコミケで、数少ないチャチャサークルの灯を
絶やすことなくともし続けてきた3大サークル、
「関西漫画鉄道趣味者組合(KRU)」さんに「らんどまあく」さん、
そして「LED TUPOLEV」さんの名前も、どこにも見当たらない。
(ちなみにKRUさんは、2日目に別ジャンルのサークルとして
参加されていることが判明しました……ほっ)

…しかしそれにしても、チャチャサークルがこのような形で
絶滅してしまったということは、私のWebサイト
『赤ずきんチャチャサークル・コミケット参加速報サイト!』も、
もはや存在意義がなくなったことを意味するのでは…

あぅぅ、そんなのやだよぅ!!


…まあ、落ち着いて考えてみれば、今回は冬コミという
参加サークルの絶対数が(夏コミに比べて)少ない回だから
たまたま、チャチャサークルがみんな落選してしまっただけで
実は、水面下で活動しているチャチャサークルもまだまだあるに
違いない…。
「らんどまあく」さんや「LED TUPOLEV」さんも、
そのクチかもしれないし。

それに、こういう企画が有志の間で着々と進められている今、
チャチャの灯は決して消えることはない…、と私は信じています。

そして、本当にチャチャサークルが、そしてチャチャファンが
この地上から完全に消え去らない限り、私のWebサイト
決して幕を閉じることはありません。

(いつになく、真面目に締めてみました)

テーマ:コミックマーケット - ジャンル:アニメ・コミック

ファミリーマートの「極旨トンポーローまん」はどこへ行った!?
プロフィールにもあるように、私は無類の中華まん好きで
この季節になると、あちこちのコンビニをはしごして
各社の新作中華まんをチェックするのが楽しみでした。

…どうして「でした」と過去形なのかといいますと、ここ沖縄には
「ローソン」「ファミリーマート」そして「ホットスパー」の
たった3種類のコンビニしかないからなのです…。
去年の今頃、まだ首都圏に住んでいた頃といえば、
これらに加えて「セブン-イレブン」、「ミニストップ」、「サンクス」、
「サークルK」、「am/pm」、「スリーエフ」そして「ポプラ」など
実にたくさんのコンビニチェーンがありましたので、それはもう
うれしい悲鳴を上げていたくらいだったのですが…。

それらの中華まんの中で、私が勝手に「キング・オブ・中華まん」と
呼んでいたのが、「ファミリーマート」オリジナルの中華まん、
その名も「極旨トンポーローまん」(190円)だったのです。

“極旨”の名前に決して恥じない、この「極旨トンポーローまん」。
ひと口かじると、あつあつトロトロ極旨お肉とともに、
特製トンポーローソースがお口の中にジワッとあふれて…
あぁ、もう想像しただけでもよだれが…(^_^;)
このアイテムを唯一扱っているファミマが、この沖縄でチェーン展開を
していたからこそ、私は沖縄への転勤を承諾したのです(←ウソつけ)

…しかし、昨日ひさびさに「ファミリーマート」へ言ってみると、
なんと、つい先日まであったはずの「極旨トンポーローまん」が
無くなっているではありませんか…!!
この冬はまだ1回しか食べていないというのに…何てこった!

その代わりとして(?)「極旨チャーシューまん」というアイテムが
新たに登場していたので、とりあえず買ってみたところ…
まあ、おいしいことはおいしいけれど、あのトロトロソースがないと
これほどまでに物足りないものなのか。

ファミリーマートの中華まん公式サイトにも、「極旨トンポーローまん」
の紹介がないところを見ると、やはり今季の定番商品の座を
追われてしまったのだろうか…あぅぅ(;_;)

テーマ:肉まん - ジャンル:グルメ

『まほらば』? 『まぶらほ』? それとも『マブラヴ』!?
さてさて、千葉に住む私の大学時代の先輩から
まほらば ~Heartful Days~DVD第8巻を購入した、との
連絡がありました。

『まほらば~Heartful Days~』DVD第8巻

毎回お楽しみのジャケイラストは、梢ちゃんの別人格と
白鳥君を除いて、鳴滝荘の住人で唯一登場していなかった
“バラさん”こと灰原由起夫さんと、その本体(?)の流星ジョニー。
今までにない、渋い(^_^;)ジャケットデザインとなっています。

なんとなく見始めたけれど、気づいたらどっぷりハマってしまっていた
TVアニメ『まほらば ~Heartful Days~』。
もちろん、DVDは第1巻から購入を続けているのですが、
当時、首都圏在住だった私は、ある全巻購入特典を目当てに
アキバの某店舗でこのシリーズを毎回購入していたのですよ。
ところが、この夏に急きょ沖縄への転勤が決まったものですから、
やむを得ず千葉在住の先輩に頼んで、引き続きアキバにて
代理購入をお願いしているという次第なのです。

送料がばかにならないので、最終巻を購入した時点でまとめて
沖縄まで送ってもらう手はずとなっているのですが、
そんなわけで、実はまだ第5巻以降は手元にないわけです…。
第5巻といえば、あの“なっちん”こと紺野棗(こんの・なつめ)たんが
初登場する回、第15話「…かも」が収録されているというのに…
あぅぅ(;_;)。

…まあでも、来年の1月12日に最終巻(第9巻)が発売された
あかつきには、全巻購入特典と共に沖縄へ送ってもらう予定なので
あと少しのしんぼうですな…。


ところで、先輩にこの代理購入をお願いするにあたって、
ある重大な問題が発生しました。
その問題とは…、まぶらほとかマブラヴとか
とにかく、似たようなタイトルのアニメDVDがやたらと存在すること。
中でも『まぶらほ』については、恥ずかしながらこの私も
TVアニメを見始めるまでは全く区別がついてなかった(^_^;)ので
あまりアニメに詳しくない先輩ではなおさらのこと。
「頼まれたやつって、ジャケットにピンクとか紫色とかの髪の毛の
女の子キャラがいっぱい出てるやつ
でよかったんだよね?」…という
事故も想定されたわけです。

…まあ、事前説明をしっかりしておいたお陰で、今のところ
違うソフトを買った、という話は聞かないのですが…。


さて、『まほらば』のDVDもいよいよ残すところあと1本。
最終巻のジャケットには、待ちに待った棗たんが登場…(のはず)
ほんま、今から楽しみでんなぁ…(←どこの人だよ)

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

ノートンを買いに「グッドウィル那覇新都心店」へ行ってみると…
ずいぶん長いこと間が空いてしまいましたが、本日より
ブログの書き込みを再開します。
お待ちしていたみなさん、どうもすみません…って、
誰も待っていないですよね…くすん(;_;)
ちなみに、この空白の期間の私といえば、激務でもう
ヘトヘトでした…。

さてつい先日、自分が家で使っているノートPCに
インストールしている『ノートンインターネットセキュリティ』が
ついに無料アップデートの期限を迎えてしまいましたので
仕方なく、最新版のソフトを買いに、新都心※にあるPCショップ
グッドウィル那覇新都心店へと出かけた私でした。

※那覇市の「おもろまち」「天久」を中心とする地域の通称。
 「那覇メインプレイス」や「あっぷるタウン」、「天久りうぼう楽市」、
 国内唯一の「DFS」など、大規模小売店舗が多数立地している。

店内に入ってみますと、まあ地方都市によくあるタイプの
PC本体や周辺機器の販売がメインの普通のPCショップという
感じなのですが、みなさんお楽しみの「18禁ソフトコーナー」も
ちゃんとありましたよ…(^_^;)
ただ品揃えは、アキバの各店舗にくらべてかなり控えめでは
ありましたが…。
まあそれでも、エロゲーがまとまって売られているコーナーは、
実は沖縄に来てから初めて見ましたので、ちょっと新鮮な感じ……
かも。

…で私は、本来の目的である『ノートンインターネットセキュリティ
2006』と、ちょうど店内でシリーズ最新作(?)のデモを流していて、
面白そうだったので思わず衝動買いしてしまった『東方紅魔郷』の
ふたつを買って、那覇新都心店を後にしたのでした…。

しかしそれにしても、今回の店舗訪問で気になったことがひとつ…。

ハバネロたんハウス』は、18禁ソフトではないと思うぞ、
グッドウィル…。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。